検索

イクタ・ソローク(Ikta Solork)


17歳。怠け者で女好き。年上好きを公言して停らず、年上であれば初対面の女性を感 面もなく口説く。超味は昼と徒と女漁り。常日頃からいかに効率よく怠けるかを 考えており、あらば設業をサボっている。戦争味い、軍人いであるが、 略や戦術に関する手腕は他の追納を許さず、特に戦況予測に関しては圧的的な才を見 せる。後の世において「常は常の智将」と呼ばれることになる。 また、カトヴァーナ帝国では「異端」とされる「科学」という念を提言したアナラ イ・カーン博士の弟子であり、その考え方を踏襲しているため、独特の商学を持つ。」 ヤトリことヤトリシノとは旧知の仲で、絶対的な信頼関係を築いている。



ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

「あらゆる英雄は過労で死ぬ」 英雄嫌いの青年が辿った

“約束の物語”が、今幕を開ける

隣接するキオカ共和国と戦争状態にある 大国、カトヴァーナ帝国。その片隅で一 人の青年が戦乱に巻き込まれようとして いた。名はイクタ・ソローク。戦争嫌い の怠け者で女好きという、およそ軍人と はかけ離れた人物だ。

幼馴染であるヤトリシノ・イグセムととも に高等士官試験を受けていた彼は、二次 試験への送迎船で、看護学校出身のハロ ーマ・ベッケル、旧軍関名家のマシュー・ テトジリチ、そしてヤトリと同じく忠義 の御三家の一角、レミオン家のトルウェ イ・レミオンと出会うこととなる。

道中、彼らと賑やかな時間を過ごしてい たその時、突如船が座礁する。総員退艦 となり脱出する5人......だが、そこで一人 の少女が船から海へ落ちる姿が目に入る。 ためらわず、大荒れの海に飛び込むイク タ。そして、彼は少女の小さな手を握った。

時に帝暦 905年。それが後に常怠常勝の 智将と呼ばれた男と、帝国最後の皇女と 呼ばれた女の初めての邂逅。 “約束された敗北”へと向かう、 物語の発端であるー。n


#ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン #NejimakiSeireiSenkiTenkyouNoAlderamin #イクタ・ソローク #IktaSolork #長袖 #茶髪 #茶色靴 #ブーツ #軍服 #2016年 #ファンタジー #マッドハウス

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大家

店長