検索

刹那・F・セイエイ(Setsuna F. Seiei)



中東の小国クルジス共和国に生まれ、少年兵として育てられた少年。

幼い頃に試験的な武力介入のため稼働していた0ガンダムを目撃、命を助けられた経験がある。

この時、0ガンダムのマイスターを務めていたのが、後に敵対することになるリボンズ・アルマークであった。

組織にスカウトされた刹那はエクシアの正式なガンダムマイスターとなる。武力介入時で16歳という若さであった。

彼は戦いの続く歪んだ世界を変えたいと願いながら、自らも戦いの中に身を置くことしかできなかった。

活動中に出会ったアザディスタン王国の第一皇女マリナ・イスマイールとは、お互いに共感しながらも、非戦闘を掲げるマリナと、戦いによって未来を掴むことしか出来ない刹那との間には、悲しい溝が存在していた。

国連軍との戦いの後、放浪していたが、世界が未だに歪んでいることを知り、再びガンダムで戦う決心をし組織と合流する。

ダブルオーガンダムを駆り世界を走り抜ける中で彼自身が革新し、純粋種のイノベイターへ進化する。彼の存在こそ、イオリアが計画の中で望んだ人類の来るべき進化した姿であり、対話する能力を持つ者であった。



機動戦士ガンダム00

化石燃料は枯渇したが、人類はそれに代わる新たなエネルギーを手に入れていた。3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。


3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。中国、ロシア、インドを中心とした『人類革新連盟』。ヨーロッパを中心とした『AEU』。各超大国群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。そう、24世紀になっても、人類は未だ一つになりきれずにいたのだ……。


そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、ソレスタルビーイング。


ガンダムによる全戦争行為への武力介入がはじまる。


#機動戦士ガンダム00 #MobileSuitGundam00 #刹那・F・セイエイ #SetsunaFSeiei #長袖 #黒髪 #茶靴 #ブーツ #手袋 #2007年 #ロボット #サンライズ

​・髪の色

アニメキャラクターのお気に入りの衣装が見つかる
2020 ​コスプレチェンジ・cosplay-change.comお問い合わせサイトマップ
  • Twitter