検索

イトリ


14区内でバー「Helter Skelter」を経営している女“喰種”。 四方やウタとは4区にいた頃からの腐れ縁。 人間、“喰種”問わず、あらゆる情報に通じており、 隻眼の喰種であるカネキに興味を抱いている。



東京喰種

人間の死肉を喰らう怪人“喰種”が潜む街――東京。

大学生のカネキは、ある事故がきっかけで“喰種”の内臓を移植され、半“喰種”となる。


人を喰らわば生きていけない、だが喰べたくはない。

人間と“喰種”の狭間で、もがき苦しむカネキ。

どちらの世界にも「居場所」が無い、

そんな彼を受け入れたのは“喰種”芳村が経営する喫茶店「あんていく」だった。

そしてカネキは自らが“喰種”と人間、

ふたつの世界に「居場所」を持てる唯一人の存在であると知る。

互いが歪めた世界を正すため、

カネキは“喰種”と人間の想いが交錯する迷宮へと立ち入るが…。


――僕は“喰種”だ――

全てを守れる「強さ」を欲したカネキが取った究極の選択は、

自らの人間的な部分を葬り“喰種”として生きることだった。

走り出してしまった決意。暴走する優しさ。

「強さ」の果てに、カネキが見たものとは…?


原作者・石田スイが紡ぎ出す、もうひとつの「東京喰種」が幕を開ける。


#東京喰種 #TokyoGhoul #イトリ #Itori #長袖 #オレンジ髪 #ピンク靴 #ハイヒール #2014年 #サスペンス #studioぴえろ

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示