検索

黒田マリア(くろだ マリア)


UW日本支部の職員。ウイルス専門の研究者で、怜人と協力してMKウイルスを研究することに。男性に慣れておらず怜人ともまともに話せないが、専門分野になると急に饒舌になる。服を着るのを忘れがち。



終末のハーレム

時は近未来 -2040年の日本・東京。 ある難病に侵された青年冷人は幼馴染の絵理沙と再会を誓い、

「病を治すため“コールドスリープすることに。 5年後に目を醒ますと、世界は大きな変貌を遂げていた。

MK (Male Killer)ウイルスによって地球上の99.9%の男性が死滅。 地上は5人の男に対して50億の女性が存在する、超ハーレムとなっていた。

MKウイルスへの抵抗力を持つ男性ナンバーズは、わずか5人。 その1人である怜人は、残された女性たちと人類の存続のため

メイティングすることを求められる。

子作りパンデミック後の世界に待っていたハーレム生活 同時に、仲人はナンバーズを巡る世界的な陰謀に巻き込まれていく。 押し寄せる誘惑を乗り越え、世界を救うことはできるのか。


#終末のハーレム #WorldsEndHarem #黒田マリア #くろだマリア #KurodaMaria #長袖 #赤髪 #ピンク靴 #スリッパ #白衣 #2021年 #サスペンス #Studio五組 #AXsiZ

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示