検索

澤村 松吾郎(さわむら まつごろう)


雪の祖父であり、三味線の師匠。亡くなる直前、自分の真似をして演奏する雪に“俺が死んだら三味線を弾くな”という言葉を残す。雪が憧れた即興曲「春暁」の完成に人生の30年を費やした。


ましろのおと

「俺の、音――」

伝説的な腕を持つ、

津軽三味線の奏者・澤村松吾郎。 彼を祖父に持つ少年・澤村 雪は、 祖父の死をきっかけに、

三味線を弾けなくなった......

なくなってしまった,好きな音。 を探すため、

アテもなく上京する雪。

キャバクラで働く女性「立樹ユナ」に助けられた雪は、

ライブの前座として 津軽三味線の演奏を披露することになる。

雪は、様々な出会いを、 想Sを三味線の音色にのせて弾く。 自分の音を、

自分の想いを探しつづけてー


#ましろのおと #MashiroNoOto #澤村松吾郎 #さわむらまつごろう #SawamuraMatsugorou #長袖 #白髪 #灰色靴 #2021年 #学園 #音楽 #シンエイ動画

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示